DHAサプリはアトピーも改善させる

アレルギーを抑える働きを持っているDHAを摂取すれば、皮膚病アトピーの改善も期待できます。アレルギーとは体に異物が侵入したときに、体を守るために免疫機能が異物を排除したり攻撃するわけですが、そのときに排除しなくても良いものにも過剰に機能が働く状態を指します。

この症状も多種多様で、ショック症状、咳、湿疹、じんましんなどがあります。アトピー性皮膚炎はかゆみを伴う湿疹がでます。

このアトピー性皮膚炎は治ったと思ってもまたできたり、かゆみがなかなか止まらないという完治するのが難しい疾患となっています。アレルギー患者は年ごとに増加傾向にあります。DHAの成分はその改善に効果が期待できる成分として着目されています。

アレルギー症状を軽減させる

アレルギーの原因として挙げられるものにヒスタミンという物質があります。これは原因となる物質が体内に入ってきたときに生成される物質です。ヒスタミンをDHAは抑制してくれますので、アレルギー症状を軽くしてくれるというわけです。

またアラキドン酸は肉や卵にたくさん含まれるのですが、ロイコトリエン酸やプロスタグランジン類などアレルギーを引き起こす成分の原料となってしまいます。この面でもDHAは良い働きが期待できます。この成分が生まれるのを妨害してくれるので、アレルギー症状を抑制することができるのです。

アレルギーは完治が難しく、時間がかかります。またかゆみや痛みを感じ、皮膚など見た目にもでたりするので強いストレスの元となります。自分の体調をよく把握し、上手に付き合う方法を考えましょう。

DHAが不足していると感じたらサプリを利用しよう

1日摂取するべきDHAの量は約1000mgです。これはマグロのお刺身なら5切れ、秋刀魚なら半尾ですから、食べられない量ではないですよね。しかし、これを毎日摂取するとなると難しいでしょう。

最近ではDHAサプリメントもありますので、有効活用しましょう。毎日摂取するのが難しい人、そもそも魚が嫌いな人などはぜひおすすめです。また摂取するように心がけていても足りないと感じる人も活用してください。

アレルギーを改善するためには長期間必要です。毎日の食事に注意を払い、食生活や栄養が偏ってないか考えてみましょう。バランスの取れた食生活をし、DHAもしっかり摂取していきましょう。

ページ上部に戻る