DHAサプリで本当に頭は良くなるの?

DHAの働きは、血液の流れをサラサラにし、動脈硬化を予防するなど、体に必要な成分ということは知られていましたが、世の中に浸透したのは「DHAが頭の働きをよくする」と言われてからです。そのきっかけは、1989年にイギリス脳科学研究所の教授であるマイケル・クロフォード氏が、日本人の子供はIQが高いが、それは毎日の食事で魚を沢山食べる習慣によるもの、という発表をされたことから始まっています。

「DHAが頭の働きを良くする」とテレビなどの報道網で流れると、水産庁や、業界団体がこぞって宣伝に力を入れ、流行し、DHAを沢山含むマグロの目玉などが急に注目されたり、他にもDHAを含む食品が次々に生み出されるようになりました。

DHAという成分の名前と働きがよく知られていない世の中に、「頭の働きを良くする」という一言で、あっという間に大人気の成分になって行きました。そのDHAが頭脳に及ぼす効能はどんなものなのでしょうか。

どのように脳に働きかけるか

脳はニューロンという神経細胞からシナプスを通って、情報が伝えられる仕組みになっていますが、シナプスにDHAが沢山含まれるので、DHAがより多く含まれるほうが、情報の伝達機能も円滑に働くというわけです。

DHAは脳の構成成分の中で大変重要な役割を持っているということは確実に言えます。幼児期の脳の成長には大量にDHAが使われています。また、脳の情報を伝える機能としてもDHAが必要です。

実際にDHAを摂れば頭の働きが良くなるか

DHAは、脳が活発に働くために重要だということはわかっています。また、DHAが不足してくると脳の働きが劣ってくることも確認されており、その場合は不足分を体に摂取することで解決できます。

脳の細胞が元気に活動し、血流を良くすることは脳細胞の死滅を予防することにもなります。これが、認知症やアルツハイマーの病気予防としても効果が認められています。しかし、知能が高められるという点については認められていません。

DHAは、脳の健康促進に大きな効果がありますが、沢山摂取すれば勉強や記憶力がアップするかといえば、そういうことではないのです。しかし、DHAを摂取して、情報の伝達機能が良くなれば、頭が冴えてくるということになり、そういったタイミングで勉強に集中すれば記憶力も向上させられるかもしれません。

ページ上部に戻る