生活習慣病を予防・改善できる?

皆さんご存じでしょうか。イヌイットの人たちには、現代社会で蔓延している生活習慣病がとても少ないことを。原因を調べてみると、どうやら彼らが食べる食生活にありそうだということがわかったのです。その後の研究で、新たに魚の中に含まれるDHAなどの不飽和脂肪酸は、生活習慣病を改善する役割を果たすことが解ってきました。

生活習慣病とは、高血圧や動脈硬化、脳血栓や心筋梗塞など、循環器系の病気です。つまり血液の流れが滞ったり、詰まることが原因と考えられます。DHAは、血液の流れをスムーズにする働きがあり、イヌイットの人たちは、魚料理を中心で食べることから、DHAを多く摂取していたのです。DHAは血液をさらさらにすることで、循環器への負担を減らします。つまり生活習慣病の予防と改善が出来るのです。

生活習慣病を発症する人は昔から多かったのでしょうか。かつては日本の人たちも、今より多く魚を食べていました。戦後、欧米化した食生活の変化から、生活習慣病は増加の一途をたどっています。日常の食生活で摂取することが難しくなったDHAをサプリメントとして摂取すれば補えます。DHAサプリメントは、生活習慣病の予防と改善に役立つものとして、今注目されています。

誰もが食生活の変化で血液がドロドロに。DHAでサラサラにしよう!

では、私たちの体は肉料理を中心にした場合、どうして生活習慣病になりやすいのでしょうか。肉や動物性脂肪を多く摂取すると、血液の中に悪玉コレステロールや中性脂肪が増加します。これらは血液をどろどろにするだけでなく、その粘度かに血管の壁にこびりついたりするのです。

これが、血液の流れを悪くしたり、時には詰まらせる原因となります。血液の流れが悪いと、それだけ循環器にも負担をかけていることにもなり、高血圧、動脈硬化、時には脳血栓などの命にかかわる病気を引き起こすことにもなり兼ねません。

目に見えない血液の中を綺麗にするためには、日頃から口から摂取する食べ物やサプリメントで予防・改善することが大切だと言えます。

血液どろどろが引き起こす病気

血液の中にコレステロールや中性脂肪が増えすぎると、生活習慣病だけでなく、様々な病気を引き起こす原因となります。肝臓に脂肪がたまり、肝機能になってしまうこともあります。日頃、お酒を飲む習慣のある方は、ただでさえ肝臓に負担がかかっているので、感脂肪になりやすいと言われています。

心臓に脂肪がたまると、心臓の働きに負担をかけるだけでなく、心臓肥大などの重大な病気を引き起こす原因となります。コレステロールや中性脂肪は、なるべく取り過ぎないということと、減少させるための予防が大切になります。そうは言っても、毎日昔のような魚中心の食事をするのは難しい現代。

食事で不足しているDHAを、簡単に摂取できるDHAサプリメントをうまく生活に取り入れることで、予防することができます。

ページ上部に戻る