妊婦の方、出産後にもおすすめ

DHAの成分は、胎児の発達に影響をすると言われています。特に脳の発達に関係が深いとされているので、妊娠をされている方は、出来るだけ摂取をされることをお勧めします。DHAを母親が摂取すると、胎盤を通して胎児にDHAの成分が届けられるので、なるべくたくさんのDHAを摂取された方が、胎児の発達にも影響力が大きくなります。

人間の脳には、140億個近くの神経細胞があります。この140億個近くの神経細胞は、母親のお腹の中にいる胎児の段階で完成されるのです。脳は身体の中でも特に大事な部分だとされているので、胎児の段階で健康的な脳を作るためにも、DHAの摂取は欠かすことができないのです。

もしも、妊娠中に母親の体内のDHAが不足してしまったら、胎児の発達も通常より悪くなってしまい、身体の弱い赤ちゃんが産まれたり、流産や死産といった最悪のケースになる可能性もあるのです。

産後のうつ病予防になるってホント?

出産をしたあとは、赤ちゃんとの生活が始まるのですが、慣れない子育てでうつになってしまう方もおられるのです。出産後に症状が出るうつのことを産後うつとも言い、うつの症状が酷くなると、育児放棄や虐待などの深刻な問題になってしまう可能性もあります。

日本は魚を食べる習慣があるので、魚の中に含まれているDHAを摂取して体内に取り入れており、産後のうつは少ないと言われていました。しかし最近は、食生活が欧米化して、魚を食べなくなっている方が増えていることや、核家族化で周りに頼ることが出来なくなり、ストレスを抱えてしまいやすくなって、産後うつになる母親が増えているようです。

妊婦は常にDHAが不足気味

ここ数年で食生活が欧米化し、魚をあまり食べなくなったことから、DHAの摂取量も少なくなってきているようです。妊婦の方は、胎児の発達にDHAを多く使うので、体内のDHAが特に不足してしまうそうです。

通常よりも多くのDHAを使うので、妊婦の方は特に、魚をたくさん食べてDHAを身体に蓄えなければなりません。

しかし、魚には水銀などが含まれていることもあり、過剰に摂取してしまうと、水銀が赤ちゃんに悪い影響を与えることもあります。ですので、バランスよく量を調節して食べるようにして下さい。最近では、DHAのサプリメントも販売されていますので、サプリメントを飲まれるのも1つの方法です。

ページ上部に戻る