視力回復効果も期待されている

青魚にたくさん含まれているDHAの効能は色々ありますが、その中のひとつに視力回復効果が期待できる成分があります。DHAは魚の目の後ろのドロドロした部分に含まれていることで知られていますが、実は人間の目の後ろにも同様にたくさんのDHAが含まれているのです。身体の他の部分にもDHAはありますが、その半分が目の後ろに集中しています。このことが判明してから、それまでは廃棄されていたマグロ等の魚の目玉に注目が集まっているのです。

目の後ろに多く存在するDHAは、不足すると網膜や視神経の働きが悪くなることがわかっています。視力がよくなりたいと願う人にとって、DHAは重要な成分を含むものです。

網膜・神経系に直接働きかける事が可能

またDHAには、脳に働きかける特徴もあります。人間の脳はとても複雑で未だ解明されていない部分が多いのですが、脳の入り口にあるフィルターで不要なものをシャットアウトすることがわかっています。

血液をサラサラにして身体に良いと言われているEPA等の成分であっても、脳に入っていくことはできません。しかし、DHAは脳に入ることができます。

その結果、網膜や視神経という繊細な部分に直接働きかけることができるわけです。それらの働きを良くし、視覚と脳の情報を円滑に結びつける作用をしますので、視力回復に大きな期待ができるのです。

眼に良い成分も一緒に摂ると相乗効果を得られる

DHAだけでなく、一緒に摂取するとより良い相乗効果が期待できる場合もあります。昔から目に良い栄養素として、ビタミンAが知られていますね。ビタミンAが不足すると、夜目がきかない、鳥目になるなどと言われています。

同様にビタミンBも目には大切な栄養素で、角膜炎や充血予防に効果があり目薬にも配合されています。クロセチンには、水晶体の伸縮にかかわる大切な毛様体という筋肉をリラックスさせる効果があります。

これらをDHAと一緒に摂取すると、疲れ目解消、目の健康維持といったことにより良い相乗効果を得られるようです。

ページ上部に戻る