DHAサプリの賢い選び方、教えます

DHAサプリメントと言っても、現在では各メーカーから様々な種類で発売されており、購入時どれを買えばいいのか分からない、などと悩んだ経験をお持ちの方も少なくないでしょう。

まず、DHAというのは一日の摂取量が500〜1,000g程度必要とされています。少しでも食事から接種できればいいですが、全く魚を食べないという日もありますよね。そんな時は最低でも500gは摂った方が良いとされています。

こんな時に役立つのがサプリメントの利用価値ですから、購入時には含有量を必ずチェックしましょう。安いサプリの中には一日の摂取量が100gというものもあります。必ずしも値段と比例するものではないですが、安いからと言って飛びつくと必要量に足りず結局はお金の無駄遣い…なんて事にもなりかねないので、ここはよく注意しましょう。

併用使用で効果を向上させよう!

サプリメントを摂取する際、その効果を存分に発揮させるために、一緒に摂るといいとされている栄養素がいくつかあります。このDHAの場合はEPAという不飽和脂肪酸を取る事が推奨されます。このEPAはDHAと一緒に摂る事で、血流がよりスムーズになり血栓を防ぐので、生活習慣病が気になる方にはお勧めの接種方法です。

ただ、DHAやEPAといった脂肪酸は酸化しやすい側面を持っています。酸化してしまうとせっかくの栄養素の働きが半減してしまいますので、この酸化を防ぐのも重要です。その為、一緒にビタミンEも摂る様にしてください。そうすれば、参加せずにその効果を最大限に発揮してくれるでしょう。

安全性にも気を配って!

サプリメントは毎日摂取するものですから、その製品の安全性というのは無視できません。

DHAやEPAというのは魚から抽出した成分を原材料としているものが少なくありません。魚は古来より体に良いとされており、妊婦さんにもDHAは積極的に摂取して欲しい栄養素ではあるものの、昨今の環境汚染の影響から水銀などの重金属が魚介類の体内に蓄積している場合もあります。

この重金属を含むDHAを摂取してしまうと、せっかく良かれと思ってした行動が逆に悪影響を与えてしまいます。

妊婦に限った事ではありませんが、DHAサプリメントを選ぶ際にはこういった重金属などを含んでいないかきちんと調べ、結果を明らかにしている商品を選べば安心です。

自分の身体に吸収されるものですから、安全性に関しては十分確認してから利用するようにしましょう。

ページ上部に戻る