DHAとEPAを同時に摂る

DHAはEPAと一緒に摂取すると良い効果を発揮すると言われています。そのため、EPAの配合されたDHAサプリメントが注目されるようになりました。EPAはDHAと同じ不飽和脂肪酸の仲間で、青魚に沢山含まれることでも似通った成分と言えます。摂取の効果に関しては、これも共通点がいくつかあり、血液がサラサラになることと、血流を良くするという長所を持った成分です。

DHAとEPAの異なる点は、DHAはコレステロールに作用し、EPAは中性脂肪に大きく作用するところです。コレステロールも中性脂肪も、サラサラの血流のためには、低い値の方が良いので、DHAとEPAの2つの成分が力を合わせることで生活習慣病を予防するなど健康維持に高い効果が得られます。

また、他の効果についても、DHAはコレステロール値を減らし、脳の働きを活発にし、アトピー性皮膚炎などにも効果がありますが、EPAは中性脂肪を減らし、アレルギーの体質改善、また、ガン予防や生理痛の症状を軽くするなどに効果があります。食事でDHAを摂取するには、まず思い浮かぶのは青魚ですが、この青魚にはEPAも含まれており、両方の成分を一度に摂取できるという、成分バランスの良い優秀な食品です。サプリメントで摂取するには、毎日両方を適度な量を考えて飲むと良いのです。

DHAとEPAの欠点は、両方とも非常に酸化しやすい性質である、ということです。いくら体に良い成分でも酸化したものでは、効果は期待できません。そのために、出来れば抗酸化作用の働きを持つビタミンEを配合してあるサプリメントを摂取するのが最良と言えます。

ページ上部に戻る